無料相談!!無料出張相談承り中!! 無料相談してみる
HOME > 就業規則

就業規則

就業規則の重要性

毎年のように行われる法改正。また、これからの時代、経営のかじ取りはさらに難しくなったと言わざるをえません。時には、会社の経営のために従業員とのトラブルもあるかもしれません。
あらかじめ就業規則を作成しておくことでそんなトラブルを未然に防ぐ事ができるのです。
よくあるトラブルとして多くあるトラブルの原因は、解雇などのリストラ問題、サービス残業など残業代、労働時間の問題、パワハラ、セクハラなどこれらのトラブルが従業員と毎年のようにでています。あらかじめ自社に合った就業規則を作成して時代に合わせて見直しをすることで無用なトラブルの回避にもつながります。

就業規則の重要性のイメージ

就業規則から会社成長とは

ただ単に就業規則をつくるだけ、見直すだけでは従業員がモチベーションが上がったりすることはもちろんありません。従業員が頑張った分だけ評価される仕組み作り、賃金面での反映が必要です。また、採用時、あらかじめ労働条件の明示で休日、残業代、賃金を就業規則にのっとって示すことで「条件が違う」などの問題が激減するのです。
会社に成長には従業員のモチベーションをあげるような就業規則を作成することが必要不可欠なのです。社員が定着して優秀な人材が育つことが会社の業績向上につながっていくのです。これらを盛り込んだ就業規則作成は実績ある社会保険労務士に頼むのが一番です。
就業規則の作成・見直しは、業績向上への土台となるのです。

就業規則から会社成長とはのイメージ

モデル就業規則を使用した場合

現状あるモデルとなっている就業規則は大企業向けです。中小企業がこれらをただ単に使用することは実情にあわない就業規則になってしまうのです。インターネットの普及により簡単に入手できたり、労働基準監督署から無料でもらえたり作成自体は簡単にできてしまいます。そこに落とし穴が潜んでいる可能性あります。もし、そのまま中小企業がそのモデル就業規則を使用した場合、実情にあわない就業規則になってしまう可能性があります。実際、大企業向けの高水準の負担を強いられてしまう事もあります。就業規則は内容よりも規定にのっとっていれば問題はないので、どんなに簡単につくった就業規則でも受理されてしまうのです。もしも、トラブルが起きても会社の責任になってしまうのです。

モデル就業規則を使用した場合のイメージ